将来有望なブラックジャックプレイヤーであれば、自由に使える多くの情報を持っているものだ。Google検索で”ブラックジャックのテクニック”や”ブラックジャックで勝つ方法”と検索してみると、中には有益な情報もあれば、ブラックジャックをプレイするよりも文章を書くことに必死になっている人が書いたような、無益の戯言もある。ただ、これらすべての情報ソースに共通している点は、戦略、練習、数学など、ブラックジャックの学びに関するものであるということであろう。ブラックジャックで成功するための目では見えない側面、つまりブラックジャックのプロプレイヤーとして生きるための洞察を与えてくれる情報はほとんどないのだ。

そもそも、ブラックジャックは知性が問われるゲームだ。勝つためには、強いメンタルを保たなければならない。脳を高いレベルで働かせるためには、普段の食事はもちろんのこと、ゲームの前やゲーム中に栄養価の高い食事をすることが重要なポイントになる。そこで筆者は、栄養がブラックジャックのベッティング戦略に対してどのような影響を与えるか、について調査してみた。下記の食事アドバイスを取り入れることで、必ずしも勝利が保証されるわけではないが、ゲームの戦績を向上させることは可能だろう。ただし、カジノのハウスエッジをゼロに近づけるためには、1円でもより多くのお金を使うことが大切だということは覚えておこう。

魚を摂取して記憶力アップ

美味しくいただける深海魚は、長い間、栄養士によって健康に良い食べ物として推奨されてきたが、新たな研究により、これまで考えられていたよりも脳機能に良い影響を与えることが明らかになっている。特にサーモン、イワシ、ニシンは、オメガ3を豊富に含んでおり、短期記憶力を高めることが判明した。これは、カードカウンターにとって特に重要なポイントだ。カードカウンターにとって、カードを一枚も欠かさずに数えられるようになることの重要性は計り知れないが、週に2〜4回魚を食べることで、その能力を向上させられるかもしれない。

 

アボカドを摂取してストレス抑制

有能なブラックジャックプレイヤーの中には、高額ベットが賭けられたテーブルの緊張に耐え切れず、過度のリスクを犯して、手持ちの資金をすべて失ってしまった人が少なからずいる。特にカードカウンティングのテクニックを使っている間は、常に冷静沈着であることが大切だ。そんな時は、アボカドが助けてくれるかもしれない。甘くて脂肪分の多いアボカドは、低血圧を促し、ストレス抑制や脳の健康にも役立つ。次回ブリトーを頼む際には、アボカドが入ったものを頼んでみるといいだろう。

 

カフェインは控えめにする

カフェインが体に良いのか?それとも悪いのか?については、栄養学者の間でも意見が分かれるところではある。中には、確実に脳の健康を増進させると主張する人も一部いるが、適度な量であれば脳の機能を損なわずに眠気を覚ますことができる、というのが大方の見方となっている。ただ、大量にカフェインを摂取してしまうと、血圧とストレスレベルが上がるため、ブラックジャックのテーブルでの判断力を低下させてしまう。がしかし、カジノに行く前に1、2杯のコーヒーを飲むくらいなら、健康的で効果的な眠気覚ましが可能になる。

練習中やプレイ中は、ナッツや種子を間食にする

ピーナッツ、カシューナッツ、ヒマワリの種などはビタミンEが豊富であるため、脳機能を促進し、短期記憶、意思決定、論理的思考などを向上させることが分かっている。また、栄養価が高く、美味しく食べられるスナックなので、自宅でオンラインブラックジャックをプレイしている時や、カジノのテーブルに座っている時のおやつにぴったりだろう。